和菓子

一乗寺中谷・2006年10月24日

和菓子屋の息子として生まれて32年。京都市内の料亭で板前も経験したのち、家業を継ぐべく和菓子の世界に入りました。
和食と比べたら和菓子なんて簡単だろうなんて思ってましたが・・・
今は和菓子の奥深さに打ちのめされています
京都市左京区一乗寺花ノ木町5
http://ichijouji-nakatani.com/

京阿月・2006年8月2日

創業は江戸期の弘化年間、1,840年代のころ代々からの穀物問屋で主製品が《小豆》であったところから社名を《阿月》(あずき)として、京菓子・甘いものどころの店を開いたのが始まりです。
京都市上京区烏丸丸太町上る春日町434-1
http://www.kyoazuki.jp/

仙太郎・2006年7月29日

小豆は丹波の農場で原種を育成栽培し、大粒、角粒で表皮はやわらかく香味が強いもの
北海道の甜菜で作った氷砂糖に天草の糸寒天で仕上げて添加物は一切使っていません。
京都市下京区寺町通り仏光寺上る中之町576
http://www.sentaro.co.jp/

先斗町駿河屋・2006年7月27日

この地に創業し、はや105年。たくさんは作れませんが、お客様とのふれあいがあります。
このふれあいの中から良いお菓子が生まれます。
これからもひとつひとつていねいに、手作りのぬくもりを大切にしていきたいと思っています。
京都市中京区先斗町

伊勢源六たちばなやは・2006年7月25日

宝永五年の創業から今日まで一口京菓子を一筋に、
その愛らしい姿・かたちに伝統に支えられた作り手のまごころを託して参りました。
ひとつひとつの味を、みなさまの日々の暮らしに添えて、どうぞお楽しみください。
京都市中京区三条堀川東入る橋東詰町16-1
http://www.isegen.jp/

和菓子処 橘屋・2006年7月25日

「美味しかった」と喜んで頂ける和菓子屋として日夜邁進する。
そんな店舗でありたいと思っております。
京都市下京区油小路六条上るト味金仏町 185番地

笹屋伊織・2006年7月25日

京の雅を和菓子に託して280有余年、守り続けた変わらぬ味をご家庭にお届けします。
京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
http://www.sasayaiori.com/

塩芳軒・2006年7月25日

菓子の原材料寒天は心太からつくられ江戸時代に隠元禅師より銘が付けられたと云われる。
寒空にて乾かして作った為、この名が生まれた。
京都市上京区黒門中立売上る
http://www.kyogashi.com/

聖護院八ツ橋総本店・2006年7月24日

粉とニッキの風味を生かした京名物の代表です。
京都市左京区聖護院山壬町6
http://www.shogoin.co.jp/

格子家・2006年5月31日

昔なつ菓子 格子家。 二条城前駅近く。京駄菓子、黒糖菓子の販売。
京都市中京区大宮通押小路角 市之町180
http://www.koushiya.com/

1 / 512345